戻る

Rails6.0


動画学習サイトの構築 Rails6.0

  (0)
2,000円

タスク2-2   ナビゲーションバー(Bulma)

このタスクについて


タスクの内容を一部抜粋します。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることが可能になります。




ナビゲーションバーを使えるようにBulmaの設定をします。
bulma.io


GemFileに以下の記述を追加します。


記述追加 GemFile(53行目)
 gem 'bulma-rails', '~> 0.7.4' 
gem 'bulma-extensions-rails', '~> 1.0.30' 



GemFile
 
source 'https://rubygems.org' 
git_source(:github) { |repo| "https://github.com/#{repo}.git" } 
ruby '2.6.6' 
# Bundle edge Rails instead: gem 'rails', github: 'rails/rails' 
gem 'rails', '~> 6.0.3', '>= 6.0.3.1' 
# Use postgresql as the database for Active Record 
gem 'pg', '>= 0.18', '< 2.0' 
# Use Puma as the app server 
gem 'puma', '~> 4.1' 
# Use SCSS for stylesheets 
gem 'sass-rails', '>= 6' 
# Transpile app-like JavaScript. Read more: https://github.com/rails/webpacker 
gem 'webpacker', '~> 4.0' 
# Turbolinks makes navigating your web application faster. Read more: https://github.com/turbolinks/turbolinks 
gem 'turbolinks', '~> 5' 
# Build JSON APIs with ease. Read more: https://github.com/rails/jbuilder 
gem 'jbuilder', '~> 2.7' 
# Use Redis adapter to run Action Cable in production 
# gem 'redis', '~> 4.0' 
# Use Active Model has_secure_password 
# gem 'bcrypt', '~> 3.1.7' 
# Use Active Storage variant 
# gem 'image_processing', '~> 1.2' 
# Reduces boot times through caching; required in config/boot.rb 
gem 'bootsnap', '>= 1.4.2', require: false 
group :development, :test do 
  # Call 'byebug' anywhere in the code to stop execution and get a debugger console 
  gem 'byebug', platforms: [:mri, :mingw, :x64_mingw] 
end 
group :development do 
  # Access an interactive console on exception pages or by calling 'console' anywhere in the code. 
  gem 'web-console', '>= 3.3.0' 
end 
group :test do 
  # Adds support for Capybara system testing and selenium driver 
  gem 'capybara', '>= 2.15' 
  gem 'selenium-webdriver' 
  # Easy installation and use of web drivers to run system tests with browsers 
  gem 'webdrivers' 
end 
# Windows does not include zoneinfo files, so bundle the tzinfo-data gem 
gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin, :x64_mingw, :jruby] 

# Bulma 
gem 'bulma-rails', '~> 0.7.4' 
gem 'bulma-extensions-rails', '~> 1.0.30' 



bundleを使ってインストールします。


コマンド
bundle


「app\assets\stylesheets」フォルダにある「application.css」ファイルを「application.scss」にリネームします。
拡張子に「s」つけて「scss」にしています。



リネームした「application.scss」ファイルに以下の記述を追加します。


記述追加 app\assets\stylesheets\application.scss(17行目)
 @import 'bulma'; 
@import 'bulma-extensions'; 



app\assets\stylesheets\application.scss(リネームしたファイル)
 
/* 
 * This is a manifest file that'll be compiled into application.css, which will include all the files 
 * listed below. 
 * 
 * Any CSS and SCSS file within this directory, lib/assets/stylesheets, or any plugin's 
 * vendor/assets/stylesheets directory can be referenced here using a relative path. 
 * 
 * You're free to add application-wide styles to this file and they'll appear at the bottom of the 
 * compiled file so the styles you add here take precedence over styles defined in any other CSS/SCSS 
 * files in this directory. Styles in this file should be added after the last require_* statement. 
 * It is generally better to create a new file per style scope. 
 * 
 *= require_tree . 
 *= require_self 
 */ 

 @import 'bulma'; 
 @import 'bulma-extensions'; 



bulmを動かすにはjQueryが必要です。
jQueryはyarnを使ってインストールします。


コマンド
yarn add jquery


Webpackの設定をします。
「config\webpack\environment.js」ファイルに以下の記述を追加します。


記述追加 config\webpack\environment.js(5行目)
 
const webpack = require('webpack') 

environment.plugins.append('Provide', 
    new webpack.ProvidePlugin({ 
        $: 'jquery/src/jquery', 
        jQuery: 'jquery/src/jquery', 
        Popper: ['popper.js', 'default'] 
    }) 
) 



config\webpack\environment.js
 
const { environment } = require('@rails/webpacker') 

module.exports = environment 

const webpack = require('webpack') 

environment.plugins.append('Provide', 
    new webpack.ProvidePlugin({ 
        $: 'jquery/src/jquery', 
        jQuery: 'jquery/src/jquery', 
        Popper: ['popper.js', 'default'] 
    }) 
) 



一度サーバを起動します。


コマンド
rails s


サーバが起動したらブラウザで「http://localhost:3000/」にアクセスします。


ブラウザ確認



ホームページのコントローラを作成しておきます。


コマンド
rails g controller Pages home


ナビゲーションバーを作成していきます。


「app\views」フォルダに「shared」フォルダを新規作成してください。
作成した「shared」フォルダに「_navbar.html.erb」ファイルを新規作成して下さい。



app\views\shared\_navbar.html.erb(新規作成したファイル)
 
<nav class="navbar is-link" role="navigation" aria-label="main navigation"> 
    <div class="navbar-brand"> 
        <a class="navbar-item" href="/"> 
            <h1>テストサイトGakushuu6</h1> 
        </a> 
        <a role="button" class="navbar-burger burger" aria-label="menu" aria-expanded="false" data-target="navbarBasicExample"> 
            <span aria-hidden="true"></span> 
            <span aria-hidden="true"></span> 
            <span aria-hidden="true"></span> 
        </a> 
    </div> 
    <div id="navbarBasicExample" class="navbar-menu"> 
        <div class="navbar-end"> 
            <a class="navbar-item"></a> 
            <a class="navbar-item"></a> 
            <div class="navbar-item"> 
                <div class="buttons"> 
                    <a class="button is-info"><strong>新規ユーザ登録</strong></a> 
                    <a class="button is-light">ログイン</a> 
                </div> 
            </div> 
            <div class="navbar-item has-dropdown is-hoverable" style="margin-right: 100px;"> 
                <a class="navbar-item"></a> 
                <div class="navbar-dropdown"> 
                    <a href="" class="navbar-item"></a> 
                    <a href="" class="navbar-item"></a> 
                    <hr class="navbar-divider"> 
                    <a href="" class="navbar-item">ログアウト</a> 
                </div> 
            </div> 
        </div> 
    </div> 
</nav> 
<script> 
$(document).ready(function() { 
  // navbar burgerアイコンでクリックイベントを確認する 
  $(".navbar-burger").click(function() { 
      // 「navbar-burger」と「navbar-menu」の両方で「is-active」クラスを切り替える 
      $(".navbar-burger").toggleClass("is-active"); 
      $(".navbar-menu").toggleClass("is-active"); 
  }); 
}); 
</script> 



「app\views\layouts\application.html.erb」ファイルに以下の記述を追加します。


記述追加 app\views\layouts\application.html.erb(14行目)
<%= render  "shared/navbar" %>



この続きはプロジェクトを購入していただくことで見ることができます。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてプロジェクトを購入するとこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることができます。

まだレビューはありません。

動画学習サイトの構築 Rails6.0

2,000円

Rails6.0で作成しています。
動画で学べるサイトを構築するプロジェクトです。
プロジェクトを登録し、そのプロジェクトに動画を登録できます。
プロジェクトはクレジットカードで購入でき、購入後すぐに動画を見ることができます。
写真の複数アップロード、レビュー機能の実装、Google認証、アマゾンS3の利用方法も解説。
管理ダッシュボードtrestleの実装、Gメールの設定、 HEROKUへのデプロイ方法を解説。
質問があればメッセージを送ることができ、リアルタイムで会話表示することができます。
フルコードのダウンロード可能。

タスク数: 128