戻る

Rails6.0


民泊サイトの構築 Rails6.0

  (0)
3,000円

タスク7-6   データベース

このタスクについて


タスクの内容を一部抜粋します。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることが可能になります。




右上のメニューから「Data」を選択します。


Data



データベースが表示されるので選択します。


データベース




「Setting」の「View Credentials」をクリックします。


View Credentials



データベースの情報が表示されます。


データベース情報



HeidiSQLを起動して接続してみます。
ホスト名にHostを、ユーザにはUserを、パスワードにはPasswordを、データベースにはDatabaseをコピーして貼り付けます。
入力したら「開く」をクリックします。


接続



無事接続できました。
HeidiSQLを使ってアプリケーションのデータを変更することができます。


接続成功




「config\database.yml」を編集しておきます。
「production」の項目を記述変更します。



記述変更 config\database.yml(86行目)
 
production: 
  <<: *default 
  database: dbfk #Database  
  username: exog #User 
  password: af8b6bcbeec5e271b45 #Password 
  host: ec2-54-236-169-55.compute-1.amazonaws.com #Host 



この続きはプロジェクトを購入していただくことで見ることができます。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてプロジェクトを購入するとこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることができます。

まだレビューはありません。

民泊サイトの構築 Rails6.0

3,000円

Rails6.0で民泊サイトを構築します。
ホストは部屋を登録し、ゲストは宿泊予約できます。
ゲストはクレジットカードで支払いをし、ホストには料金の80%が自動で口座に振り込まれます。
Googleマップによる表示、AJAX検索、日付カレンダーによる予約ができます。
リアルタイムメッセージにより連絡がとれます。
予約確認メールの送信も可能。
写真のアップロード機能、アマゾンS3の利用方法も解説。
レビュー機能の実装方法解説。
フルカレンダー による予約管理。
HEROKUへのデプロイ方法を解説。
フルコードのダウンロード可能。

タスク数: 128