戻る

Rails5.0


動画学習サイトの構築 Rails5.0

  (0)
1,000円

タスク4-3   Markdown関数

このタスクについて


タスクの内容を一部抜粋します。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることが可能になります。




Markdown関数を利用できるように実装していきます。


Markdown関数の詳しい使用方法は下記のページを参照して下さい。
guides.github.com


記述追加 GemFile(87行目)
 gem 'redcarpet', '~> 3.2.3' 
gem 'coderay', '~> 1.1.0' 



GemFile
 
source 'https://rubygems.org' 
git_source(:github) do |repo_name| 
  repo_name = "#{repo_name}/#{repo_name}" unless repo_name.include?("/") 
  "https://github.com/#{repo_name}.git" 
end 
# Bundle edge Rails instead: gem 'rails', github: 'rails/rails' 
gem 'rails', '~> 5.0.7', '>= 5.0.7.1' 
# Use postgresql as the database for Active Record 
gem 'pg', '>= 0.18', '< 2.0' 
# Use Puma as the app server 
gem 'puma', '~> 3.0' 
# Use SCSS for stylesheets 
gem 'sass-rails', '~> 5.0' 
# Use Uglifier as compressor for JavaScript assets 
gem 'uglifier', '>= 1.3.0' 
# Use CoffeeScript for .coffee assets and views 
gem 'coffee-rails', '~> 4.2' 
# See https://github.com/rails/execjs#readme for more supported runtimes 
# gem 'therubyracer', platforms: :ruby 
# Use jquery as the JavaScript library 
gem 'jquery-rails' 
# Turbolinks makes navigating your web application faster. Read more: https://github.com/turbolinks/turbolinks 
gem 'turbolinks', '~> 5' 
# Build JSON APIs with ease. Read more: https://github.com/rails/jbuilder 
gem 'jbuilder', '~> 2.5' 
# Use Redis adapter to run Action Cable in production 
# gem 'redis', '~> 3.0' 
# Use ActiveModel has_secure_password 
# gem 'bcrypt', '~> 3.1.7' 
# Use Capistrano for deployment 
# gem 'capistrano-rails', group: :development 
group :development, :test do 
  # Call 'byebug' anywhere in the code to stop execution and get a debugger console 
  gem 'byebug', platform: :mri 
end 
group :development do 
  # Access an IRB console on exception pages or by using <%= console %> anywhere in the code. 
  gem 'web-console', '>= 3.3.0' 
end 
# Windows does not include zoneinfo files, so bundle the tzinfo-data gem 
gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin, :x64_mingw, :jruby] 

# bulma 
gem 'bulma-rails', '~> 0.7.4' 
gem 'bulma-extensions-rails', '~> 1.0.30' 

# デバイス 
gem 'devise', '~>4.2' 

# アバター 
gem 'gravtastic' 

# toastr 
gem 'toastr-rails', '~> 1.0' 

# 日本語化 
gem 'rails-i18n' 

# google認証 
gem 'omniauth' 
gem 'omniauth-google-oauth2' 

# 管理ダッシュボード 
gem 'activeadmin' 

# 管理ダッシュボードのテーマ 
gem 'active_skin' 

#画像アップロード 
gem 'paperclip', '~> 5.1.0' 

# アマゾンS3 
gem 'aws-sdk', '~> 2.8' 

# タスクの順番を変える 
gem "active_admin-sortable_tree", "~> 2.0.0" 

# Markdown関数 
gem 'redcarpet', '~> 3.2.3' 
gem 'coderay', '~> 1.1.0' 



コマンド
bundle


「app\helpers\application_helper.rb」ファイルの記述を以下のように編集します。


記述変更 app\helpers\application_helper.rb
 
module ApplicationHelper 

    class CodeRayify < Redcarpet::Render::HTML 
        def block_code(code, language) 
            CodeRay.scan(code, language).div(:line_numbers => :table) 
        end 
    end 

    def markdown(text) 
        coderayified = CodeRayify.new(:filter_html => true, :hard_wrap => true) 
        options = { 
            :fenced_code_blocks => true, 
            :no_intra_emphasis => true, 
            :autolink => true, 
            :strikethrough => true, 
            :lax_html_blocks => true, 
            :superscript => true 
        } 
        markdown_to_html = Redcarpet::Markdown.new(coderayified, options) 
        markdown_to_html.render(text).html_safe 
    end 

end 



「app\views\task\show.html.erb」ファイルを編集します。


記述編集 app\views\task\show.html.erb
 
  <section class="section"> 
    <div class="container"> 
        <div class="col m8"> 
            <div class="card z-depth-2"> 
                <%= @task.video %> 
                <div class="row"> 
                </div> 
                <div class="card-action grey-text text-darken-4"> 
                    <div class="container"> 
                        <div class="notification"> 
                            <%= @task.title %> 
                        </div> 
                    </div> 
                    
                    <div class="box"> 
                        <%= markdown(@task.note) %> 
                    </div> 
                    
                </div> 
            </div> 
        </div> 
        <!-- タスク Section --> 
        <div class="box"> 
            <article class="media"> 
                <div class="media-content"> 
                    <div class="content"> 
                        <div class="collection"> 
                            <% @tasks.each do |task| %> 
                                <% if task.header %> 
                                    <br/> 
                                    <div class="collection-item active"> 
                                        <span class="tag is-link is-large"> <%= task.title %></span> 
                                        <span class="tag is-white is-large"> <%= task.note %></span> 
                                    </div> 
                                    <br/> 
                                <% else %> 
                                    <div class="collection-item active"> 
                                        &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;<span class="tag is-light is-medium" style="margin: 3px;"> 
                                            <%= link_to [task.project, task], class: "collection-item" do %> 
                                                <%= task.title %> 
                                            <% end %>                                                                
                                            </span> 
                                        
                                    </div>                            
                                <% end %> 
                            <% end %> 
                        </div> 
                    </div> 
                </div> 
            </article> 
        </div> 
 
    </div> 
  </section> 



この続きはプロジェクトを購入していただくことで見ることができます。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてプロジェクトを購入するとこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることができます。

まだレビューはありません。

動画学習サイトの構築 Rails5.0

1,000円

動画で学べるサイトを構築するプロジェクトです。プロジェクトを登録し、そのプロジェクトに動画を登録できます。プロジェクトはクレジットカードで購入でき、購入後すぐに動画を見ることができます。写真のアップロード、レビュー機能の実装、Google認証、アマゾンS3の利用方法も解説。ActiveAdminの実装、Gメールの設定、 HEROKUへのデプロイ方法を解説。 フルコードのダウンロード可能。

タスク数: 100