戻る

Rails6.0


お仕事売買サイトの構築 Rails6.0

  (0)
3,000円

タスク3-7   仕事ビュー

このタスクについて


タスクの内容を一部抜粋します。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることが可能になります。




仕事ビューを作成していきます。


「app\views\gigs\new.html.erb」ファイルの記述を以下の内容に変更します。


app\views\gigs\new.html.erb
 
<section class="section"> 
  <div class="container"> 
    <div class="steps" id="stepsDemo"> 
      <!-- 5つのステップ --> 
      <div class="step-item is-active is-primary"> 
        <div class="step-marker">1</div> 
        <div class="step-details"> 
          <p class="step-title">概要</p> 
        </div> 
      </div> 
      <div class="step-item"> 
        <div class="step-marker">2</div> 
        <div class="step-details"> 
          <p class="step-title">価格</p> 
        </div> 
      </div> 
      <div class="step-item"> 
        <div class="step-marker">3</div> 
        <div class="step-details"> 
          <p class="step-title">お仕事の内容</p> 
        </div> 
      </div> 
      <div class="step-item"> 
        <div class="step-marker">4</div> 
        <div class="step-details"> 
          <p class="step-title">写真</p> 
        </div> 
      </div> 
      <div class="step-item"> 
        <div class="step-marker">5</div> 
        <div class="step-details"> 
          <p class="step-title">公開</p> 
        </div> 
      </div> 
      <!-- お仕事登録フォーム--> 
      <%= form_for @gig, html: {class: "steps-content m-l-100 m-r-100"} do |f| %> 
        <div class="field"> 
            <label class="label">お仕事の名前</label> 
            <%= f.text_area :title, autocomplete: "title", class: "textarea" %> 
        </div> 
        <div class="field"> 
            <label class="label">カテゴリー</label> 
            <%= f.select(:category_id, options_for_select(@categories.map{ |c| [c.name, c.id] })) %> 
        </div> 
        <div class="field is-grouped is-grouped-centered m-t-25"> 
            <a href="" data-nav="previous" class="button is-light">キャンセル</a> 
            <%= f.submit "保存して続ける", class: "button is-primary" %> 
        </div> 
      <% end %> 
    </div> 
  </div> 
</section> 



「app\views\gigs\create.html.erb」ファイルと「app\views\gigs\update.html.erb」ファイルは使わないので削除して大丈夫です。


ブラウザ確認
http://localhost:3000/gigs/new




お仕事の新規登録



テストでカテゴリー登録していくのが面倒なので「faker」を使います。


fakerのGitHubページは以下を見て下さい。



GemFileに以下の記述を追加します。


記述追加 GemFile(70行目)
gem 'faker', '=1.9.3'



GemFile
 
source 'https://rubygems.org' 
git_source(:github) { |repo| "https://github.com/#{repo}.git" } 
ruby '2.6.6' 
# Bundle edge Rails instead: gem 'rails', github: 'rails/rails' 
gem 'rails', '~> 6.0.3' 
# Use postgresql as the database for Active Record 
gem 'pg', '>= 0.18', '< 2.0' 
# Use Puma as the app server 
gem 'puma', '~> 4.1' 
# Use SCSS for stylesheets 
gem 'sass-rails', '>= 6' 
# Transpile app-like JavaScript. Read more: https://github.com/rails/webpacker 
gem 'webpacker', '~> 4.0' 
# Turbolinks makes navigating your web application faster. Read more: https://github.com/turbolinks/turbolinks 
gem 'turbolinks', '~> 5' 
# Build JSON APIs with ease. Read more: https://github.com/rails/jbuilder 
gem 'jbuilder', '~> 2.7' 
# Use Redis adapter to run Action Cable in production 
# gem 'redis', '~> 4.0' 
# Use Active Model has_secure_password 
# gem 'bcrypt', '~> 3.1.7' 
# Use Active Storage variant 
# gem 'image_processing', '~> 1.2' 
# Reduces boot times through caching; required in config/boot.rb 
gem 'bootsnap', '>= 1.4.2', require: false 
group :development, :test do 
  # Call 'byebug' anywhere in the code to stop execution and get a debugger console 
  gem 'byebug', platforms: [:mri, :mingw, :x64_mingw] 
end 
group :development do 
  # Access an interactive console on exception pages or by calling 'console' anywhere in the code. 
  gem 'web-console', '>= 3.3.0' 
end 
group :test do 
  # Adds support for Capybara system testing and selenium driver 
  gem 'capybara', '>= 2.15' 
  gem 'selenium-webdriver' 
  # Easy installation and use of web drivers to run system tests with browsers 
  gem 'webdrivers' 
end 
# Windows does not include zoneinfo files, so bundle the tzinfo-data gem 
gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin, :x64_mingw, :jruby] 

# Bulma 
gem 'bulma-rails', '~> 0.7.4' 
gem 'bulma-extensions-rails', '~> 1.0.30' 

#デバイス 
gem 'devise' 

# 日本語化 
gem 'rails-i18n' 

# facebook認証 
gem 'omniauth', '= 1.9.0' 
gem 'omniauth-facebook', '= 5.0.0' 

# amazon s3 
gem "aws-sdk" 

# faker 
gem 'faker', '=1.9.3' 



コマンド
bundle


「db\seeds.rb」ファイルを以下のように編集します。


db\seeds.rb
 
# This file should contain all the record creation needed to seed the database with its default values. 
# The data can then be loaded with the rails db:seed command (or created alongside the database with db:setup). 
# 
# Examples: 
# 
#   movies = Movie.create([{ name: 'Star Wars' }, { name: 'Lord of the Rings' }]) 
#   Character.create(name: 'Luke', movie: movies.first) 

# テストカテゴリーを追加(10個) 
10.times do 
    Category.create( 
        name: Faker::Job.unique.field 
    ) 
end 

# テストユーザーを追加(5ユーザー パスワードは 123456) 
5.times do 
    user = User.create( 
        full_name: Faker::Name.name, 
        email: Faker::Internet.free_email, 
        about: Faker::Quote.matz, 
        password: '123456', 
        from: Faker::Address.country, 
        language: Faker::Nation.language, 
        created_at: Date.today 
    ) 
    user.avatar.attach(                
        io: image = open("https://i.pravatar.cc/300"), 
        filename: "avatar#{user.id}.jpg", 
        content_type: 'image/jpg' 
    ) 
end 



コマンド
rails db:seed


これでテストカテゴリー10個とテストユーザー5ユーザーが追加されました。
テストユーザーのパスワードは「123456」です。
HeidiSQLで確認してみます。




この続きはプロジェクトを購入していただくことで見ることができます。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてプロジェクトを購入するとこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることができます。

まだレビューはありません。

お仕事売買サイトの構築 Rails6.0

3,000円

フリーランスの方がお仕事を登録し、仕事を探している人が探して買うことができます。
お仕事を探している人がリクエストを出してお仕事をしてくれる人を募集する事もできます。
お仕事が売れると売上の80%が自動で指定口座に振り込まれます。
お仕事の購入はクレジットカードで決済します。
質問があればメッセージを送ることができ、リアルタイムで会話表示することができます。
検索機能、写真のアップロード、レビュー機能の実装、Facebook認証、アマゾンS3の利用方法も解説。
HEROKUへのデプロイ方法を解説。
フルコードのダウンロード可能。

タスク数: 146