戻る

Rails5.0


民泊サイトの構築 Rails5.0

  (0)
2,000円

タスク5-1   ダッシュボード

このタスクについて


タスクの内容を一部抜粋します。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることが可能になります。




「app\controllers」フォルダに「dashboards_controller.rb」ファイルを新規作成してください。



app\controllers\dashboards_controller.rb(新規作成したファイル)
 
class DashboardsController < ApplicationController 
  before_action :authenticate_user! 
  def index 
    @rooms = current_user.rooms 
  end 
end 



記述追加 config\routes.rb
10行目に「get 'dashboard' => 'dashboards#index'」の記述追加
 
Rails.application.routes.draw do 
  #ルートをpages#homeに設定 
  root 'pages#home' 
  get 'pages/home' 
  get '/your_trips' => 'reservations#your_trips' 
  get '/your_reservations' => 'reservations#your_reservations' 
  get 'search' => 'pages#search' 
  get 'dashboard' => 'dashboards#index' 
  resources :users, only: [:show] 
  resources :rooms, except: [:edit] do 
    member do 
      get 'listing' 
      get 'pricing' 
      get 'description' 
      get 'photo_upload' 
      get 'amenities' 
      get 'location' 
      get 'preload' 
      get 'preview' 
    end 
    resources :photos, only: [:create, :destroy] 
    resources :reservations, only: [:create] 
  end 
  resources :guest_reviews, only: [:create, :destroy] 
  resources :host_reviews, only: [:create, :destroy] 
  devise_for :users, 
  path: '', 
  path_names: {sign_in: 'login', sign_out: 'logout', edit: 'profile', sign_up: 'registration'}, 
  controllers: {registrations: 'registrations'} 
  # For details on the DSL available within this file, see http://guides.rubyonrails.org/routing.html 
end 



記述追加 app\controllers\application_controller.rb(9行目)
 
  def after_sign_in_path_for(resource_or_scope) 
    dashboard_path 
  end 



app\controllers\application_controller.rb
 
class ApplicationController < ActionController::Base 
  protect_from_forgery with: :exception 
  #devise_controllerが読み込まれたら 
  before_action :configure_permitted_parameters, if: :devise_controller? 
  protected 
  # ログイン後にダッシュボードを表示 
  def after_sign_in_path_for(resource_or_scope) 
    dashboard_path 
  end 
  #フィールドの更新を許可 
  def configure_permitted_parameters 
    devise_parameter_sanitizer.permit(:sign_up, keys: [:fullname]) 
    devise_parameter_sanitizer.permit(:account_update, keys: [:fullname, :phone_number, :description]) 
  end 
end 



「app\views」フォルダに「dashboards」フォルダを新規作成してください。
作成した「dashboards」フォルダに「index.html.erb」ファイルを新規作成します。



app\views\dashboards\index.html.erb(新規作成したファイル)
 
<div class="row"> 
  <div class="col-md-3"> 
    <div class="center"> 
       <%= image_tag current_user.gravatar_url, class: "avatar-full" %> 
    </div> 
    <div class="panel panel-default"> 
      <div class="panel-heading"><%= current_user.fullname %></div> 
      <div class="panel-body"> 
        <ul class="sidebar-list"> 
          <% if current_user.confirmation_token %> 
            <li>メールアドレス<span class="pull-right icon-babu"><i class="fa fa-check-circle-o"></i></span></li> 
          <% end %> 
        </ul> 
      </div> 
    </div> 
  </div> 
  <div class="col-md-9"> 
    <!-- お知らせ --> 
    <div class="panel panel-default"> 
      <div class="panel-heading">お知らせ</div> 
      <div class="panel-body"> 
      </div> 
    </div> 
    <!-- 登録している部屋 --> 
    <div class="panel panel-default"> 
      <div class="panel-heading">登録しているお部屋(<%= @rooms.length %>)</div> 
      <div class="panel-body"> 
        <%= render partial: "rooms/rooms_list", locals: {rooms: @rooms} %> 
      </div> 
    </div> 
  </div> 
</div> 



「app\views\shared\_navbar.html.erb」ファイルを編集します。


記述追加 app\views\shared\_navbar.html.erb(29行目)
<li><%= link_to "ダッシュボード", dashboard_path %></li>






この続きはプロジェクトを購入していただくことで見ることができます。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてプロジェクトを購入するとこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることができます。

まだレビューはありません。

民泊サイトの構築 Rails5.0

2,000円

民泊サイトを構築します。
ホストは部屋を登録し、ゲストは宿泊予約できます。
ゲストはクレジットカードで支払いをし、ホストには料金の80%が自動で口座に振り込まれます。
Googleマップによる表示、AJAX検索、日付カレンダーによる予約、フルカレンダーによる部屋管理ができます。
リアルタイムメッセージにより連絡がとれます。
予約確認メールの送信も可能。
写真のアップロード機能、アマゾンS3の利用方法も解説。
レビュー機能の実装、電話番号認証の実装方法解説。
HEROKUへのデプロイ方法を解説。
フルコードのダウンロード可能。

タスク数: 136