戻る

Rails5.0


民泊サイトの構築 Rails5.0

  (0)
2,000円

タスク4-3   jQuery日付ピッカー

このタスクについて


タスクの内容を一部抜粋します。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることが可能になります。




記述追加 GemFile(75行目)
gem 'jquery-ui-rails', '~> 5.0'



GemFile
 
source 'https://rubygems.org' 
git_source(:github) do |repo_name| 
  repo_name = "#{repo_name}/#{repo_name}" unless repo_name.include?("/") 
  "https://github.com/#{repo_name}.git" 
end 
# Bundle edge Rails instead: gem 'rails', github: 'rails/rails' 
gem 'rails', '~> 5.0.7', '>= 5.0.7.1' 
# Use postgresql as the database for Active Record 
gem 'pg', '>= 0.18', '< 2.0' 
# Use Puma as the app server 
gem 'puma', '~> 3.0' 
# Use SCSS for stylesheets 
gem 'sass-rails', '~> 5.0' 
# Use Uglifier as compressor for JavaScript assets 
gem 'uglifier', '>= 1.3.0' 
# Use CoffeeScript for .coffee assets and views 
gem 'coffee-rails', '~> 4.2' 
# See https://github.com/rails/execjs#readme for more supported runtimes 
# gem 'therubyracer', platforms: :ruby 
# Use jquery as the JavaScript library 
gem 'jquery-rails' 
# Turbolinks makes navigating your web application faster. Read more: https://github.com/turbolinks/turbolinks 
gem 'turbolinks', '~> 5' 
# Build JSON APIs with ease. Read more: https://github.com/rails/jbuilder 
gem 'jbuilder', '~> 2.5' 
# Use Redis adapter to run Action Cable in production 
# gem 'redis', '~> 3.0' 
# Use ActiveModel has_secure_password 
# gem 'bcrypt', '~> 3.1.7' 
# Use Capistrano for deployment 
# gem 'capistrano-rails', group: :development 
group :development, :test do 
  # Call 'byebug' anywhere in the code to stop execution and get a debugger console 
  gem 'byebug', platform: :mri 
end 
group :development do 
  # Access an IRB console on exception pages or by using <%= console %> anywhere in the code. 
  gem 'web-console', '>= 3.3.0' 
end 
# Windows does not include zoneinfo files, so bundle the tzinfo-data gem 
gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin, :x64_mingw, :jruby] 

#bootstrap 
gem 'bootstrap-sass', '~> 3.4.1'
 
#デバイス 
gem 'devise', '~>4.2'
 
#Gravatar 
gem 'gravtastic'

#フラッシュメッセージ 
gem 'toastr-rails', '~> 1.0'
 
#日本語化 
gem 'rails-i18n'
 
#画像アップロード 
gem 'paperclip', '~> 5.1.0'
 
#googleマップ 
gem 'geocoder', '~> 1.4'
 
#アマゾンS3 
gem 'aws-sdk', '~> 2.8'
 
#日付ピッカー 
gem 'jquery-ui-rails', '~> 5.0' 
 



コマンド
bundle


記述追加 app\assets\javascripts\application.js
「//= require jquery-ui/datepicker」の記述追加(16行目)
 
// This is a manifest file that'll be compiled into application.js, which will include all the files 
// listed below. 
// 
// Any JavaScript/Coffee file within this directory, lib/assets/javascripts, vendor/assets/javascripts, 
// or any plugin's vendor/assets/javascripts directory can be referenced here using a relative path. 
// 
// It's not advisable to add code directly here, but if you do, it'll appear at the bottom of the 
// compiled file. JavaScript code in this file should be added after the last require_* statement. 
// 
// Read Sprockets README (https://github.com/rails/sprockets#sprockets-directives) for details 
// about supported directives. 
// 
//= require jquery 
//= require bootstrap-sprockets 
//= require jquery_ujs 
//= require jquery-ui/datepicker 
//= require toastr 
//= require gravtastic 
//= require turbolinks 
//= require_tree . 



記述更新 app\views\reservations\_form.html.erb

コピーしてファイルの内容を置き換えてください。
 
<%= form_for([@room, @room.reservations.new]) do |f| %> 
  <%= f.text_field :start_date, readonly: true, placeholder: "チェックイン日", class: "form-control datepicker" %> 
  <%= f.text_field :end_date, readonly: true, placeholder: "チェックアウト日", class: "form-control datepicker" %> 
  <br/> 
  <%= f.submit "予約する", class: "btn btn-normal btn-block" %> 
<% end %> 
<script> 
  $(function() { 
    $('#reservation_start_date').datepicker({ 
      dateFormat: 'dd-mm-yy' 
    }); 
    $('#reservation_end_date').datepicker({ 
      dateFormat: 'dd-mm-yy' 
    }); 
  }); 
</script> 



以下のサイトで日付ピッカーのデザインを変更することができます。
https://code.jquery.com/


デザインの名前をコピーしてリンクの名前を変更します。
今回は「sunny」を使います。


デザインの名前



記述追加 app\views\layouts\application.html.erb(13行目)
 
    <!-- 日付ピッカー デザインsunny--> 
    <link rel="stylesheet" href="https://code.jquery.com/ui/1.12.1/themes/sunny/jquery-ui.css"> 
    <!-- 日付ピッカーの日本語化--> 
    <script src="https://rawgit.com/jquery/jquery-ui/master/ui/i18n/datepicker-ja.js"></script> 



この続きはプロジェクトを購入していただくことで見ることができます。
プロジェクトを購入していただくとこのタスクの内容の全てを読みやすい表示で見ることができます。
プログラムコードが色分けされて見やすくなります。
プログラムコードに行番号が付きます。
本文が色分けされて見やすくなります。
そしてプロジェクトを購入するとこのアプリケーションのフルコードをダウンロードすることができます。

まだレビューはありません。

民泊サイトの構築 Rails5.0

2,000円

民泊サイトを構築します。
ホストは部屋を登録し、ゲストは宿泊予約できます。
ゲストはクレジットカードで支払いをし、ホストには料金の80%が自動で口座に振り込まれます。
Googleマップによる表示、AJAX検索、日付カレンダーによる予約、フルカレンダーによる部屋管理ができます。
リアルタイムメッセージにより連絡がとれます。
予約確認メールの送信も可能。
写真のアップロード機能、アマゾンS3の利用方法も解説。
レビュー機能の実装、電話番号認証の実装方法解説。
HEROKUへのデプロイ方法を解説。
フルコードのダウンロード可能。

タスク数: 136