Ruby on Rails 【MacOSX】Rubyのバージョン切り替え


投稿日:2020年08月26日 (水)
MacOSXではrbenvを利用したRubyのインストールが比較的簡単にできるのでRubyのバージョンを上げてみようと挑戦してみる方も多いのではないでしょうか。
当サイトのプロジェクトではRuby2.6.6をで進められるように解説しています。
以前にrbenvを使ってRubyをインストール済で今回Rubyのバージョンを2.6.6にしたい方向けにRubyのバージョン切り替え方法を解説します。

私のPCには現在Ruby2.6.6がインストールされています。
ターミナルで確認します。
~ $ ruby -v
ruby 2.6.6p146 (2020-03-31 revision 67876) [x86_64-darwin19]

次にrbenvでインストール済のRubyのバージョンを確認してみます。
「*」マークがついているのが現在使用しているRubyのバージョンです。
~ $ rbenv versions
  system
* 2.6.6 (set by /Users/heyjude/.rbenv/version)

今回はすでにRuby2.6.6がインストールされているのでRuby2.7.1にバージョンアップしてみます。
ご自分の環境に置き換えて進めていってください。

rbenvでインストールできるRubyのバージョンを確認します。
~ $ rbenv install -l
2.5.8
2.6.6
2.7.1
jruby-9.2.12.0
maglev-1.0.0
mruby-2.1.1
rbx-5.0
truffleruby-20.1.0
truffleruby+graalvm-20.1.0

Only latest stable releases for each Ruby implementation are shown.
Use 'rbenv install --list-all' to show all local versions.


では「Ruby2.7.1」をインストールします。
rbenv install 2.7.1


インストールしただけではRubyのバージョンは変更されません。
確認すると「*」マークが2.6.6についたままになっているのがわかります。
~ $ rbenv versions
  system
* 2.6.6 (set by /Users/heyjude/.rbenv/version)
  2.7.1

インストールした「Ruby2.7.1」にバージョンを変更します。
rbenv local 2.7.1

確認します。
~ $ rbenv versions
  system
  2.6.6
* 2.7.1 (set by /Users/heyjude/.ruby-version)

~ $ ruby -v       
ruby 2.7.1p83 (2020-03-31 revision a0c7c23c9c) [x86_64-darwin19]


Rubyのバージョン変更はこれで大丈夫なのですが、Ruby on Railsを使用するにはbundlerのバージョンも設定する必要があります。
単純にbundlerのアップデートを行うとバージョン2.系がインストールされます。
しかしRuby on Railsはbundlerのバージョン2.系に対応していません。
ですのでバージョン「1.17.3」を指定して設定する必要があります。

まずはインストールできるbundlerのバージョンを確認します。
~ $ gem search ^bundler$ --all

*** REMOTE GEMS ***

bundler (2.1.4, 2.1.3, 2.1.2, 2.1.1, 2.1.0, 2.0.2, 2.0.1, 2.0.0, 1.17.3, 1.17.2, 1.17.1, 1.17.0, 1.16.6, 1.16.5, 1.16.4, 1.16.3, 1.16.2, 1.16.1, 1.16.0, 1.15.4, 1.15.3, 1.15.2, 1.15.1, 1.15.0, 1.14.6, 1.14.5, 1.14.4, 1.14.3, 1.14.2, 1.14.1, 1.14.0, 1.13.7, 1.13.6, 1.13.5, 1.13.4, 1.13.3, 1.13.2, 1.13.1, 1.13.0, 1.12.6, 1.12.5, 1.12.4, 1.12.3, 1.12.2, 1.12.1, 1.12.0, 1.11.2, 1.11.1, 1.11.0, 1.10.6, 1.10.5, 1.10.4, 1.10.3, 1.10.2, 1.10.1, 1.10.0, 1.9.10, 1.9.9, 1.9.8, 1.9.7, 1.9.6, 1.9.5, 1.9.4, 1.9.3, 1.9.2, 1.9.1, 1.9.0, 1.8.9, 1.8.8, 1.8.7, 1.8.6, 1.8.5, 1.8.4, 1.8.3, 1.8.2, 1.8.1, 1.8.0, 1.7.15, 1.7.14, 1.7.13, 1.7.12, 1.7.11, 1.7.10, 1.7.9, 1.7.8, 1.7.7, 1.7.6, 1.7.5, 1.7.4, 1.7.3, 1.7.2, 1.7.1, 1.7.0, 1.6.9, 1.6.8, 1.6.7, 1.6.6, 1.6.5, 1.6.4, 1.6.3, 1.6.2, 1.6.1, 1.6.0, 1.5.3, 1.5.2, 1.5.1, 1.5.0, 1.3.6, 1.3.5, 1.3.4, 1.3.3, 1.3.2, 1.3.1, 1.3.0, 1.2.5, 1.2.4, 1.2.3, 1.2.2, 1.2.1, 1.2.0, 1.1.5, 1.1.4, 1.1.3, 1.1.2, 1.1.1, 1.1.0, 1.0.22, 1.0.21, 1.0.20, 1.0.18, 1.0.17, 1.0.15, 1.0.14, 1.0.13, 1.0.12, 1.0.11, 1.0.10, 1.0.9, 1.0.7, 1.0.5, 1.0.3, 1.0.2, 1.0.0, 0.9.26, 0.9.25, 0.9.24, 0.9.23, 0.9.22, 0.9.21, 0.9.20, 0.9.19, 0.9.18, 0.9.17, 0.9.16, 0.9.15, 0.9.14, 0.9.13, 0.9.12, 0.9.11, 0.9.10, 0.9.9, 0.9.8, 0.9.7, 0.9.6, 0.9.5, 0.9.4, 0.9.3, 0.9.2, 0.9.1, 0.9.0, 0.8.1, 0.8.0, 0.7.2, 0.7.1, 0.7.0, 0.6.0, 0.5.0, 0.4.1, 0.4.0, 0.3.1, 0.3.0)
~ $ 


次にバージョン1.系で最新の「1.17.3」をインストールします。
~ $ gem install bundler -v 1.17.3


インストールされているか確認します。
~/Desktop/MacRails/Gakushuu6 $ gem list bundler

*** LOCAL GEMS ***

bundler (1.17.3, default: 1.17.2)


使用するbundlerのバージョンをRailsに指定します。
これはRailsを開発しているディレクトリで指定する必要があります。
~/Desktop/MacRails/WinRails $ bundle _1.17.3_ install


bundlerのバージョンを確認します。
~ $ bundle -v
Bundler version 1.17.3


最後にyarnのバージョンを更新します。
~ $ yarn install --check-files


これで開発に使用するRubyのバージョンを切り替えることができました。
bundlerの使用するバージョンを「1.17.3」にするというのがとても重要です。


Rails6.0 Windows MacOSX

動画学習サイトの構築 Rails6.0

  0 (0)

タスク   128

2,000円

    サンプルサイトは初期起動に15秒ほどかかります。

 
Rails6.0 Windows MacOSX

民泊サイトの構築 Rails6.0

  0 (0)

タスク   128

3,000円

    サンプルサイトは初期起動に15秒ほどかかります。

 
Rails5.0 Windows MacOSX

動画学習サイトの構築 Rails5.0

  0 (0)

タスク   100

1,000円

    サンプルサイトは初期起動に15秒ほどかかります。

 
Rails6.0 Windows MacOSX

お仕事売買サイトの構築 Rails6.0

  0 (0)

タスク   146

3,000円

    サンプルサイトは初期起動に15秒ほどかかります。

 
Rails5.0 Windows MacOSX

民泊サイトの構築 Rails5.0

  0 (0)

タスク   136

2,000円

    サンプルサイトは初期起動に15秒ほどかかります。